子供を撮影するなら画像か動画どちらが良い?幼児期は動画がオススメ

2016/07/06  960 views 

増えるカメラたち

子供が生まれて結構大きくなってきましたが、ビデオカメラも買ったしコンパクトデジタルカメラも買ったし一眼レフカメラも買ったんですけど、一番良いなと思ったのは一眼レフでした。

今回はこの「画像を残すのと動画を残す事の違い」について書いておきたいと思います。

娘が赤ちゃんの頃から両方を撮ってきてますけど、いざ振り返る時にどっちが良いかって話ですね。

今回一眼レフが一番良いと言っている時点で「画像が良い」って事になります。ではそれは何故か?

スポンサードリンク

振り返る時に画像の方が手軽だから

うちは夫婦揃ってGoogleフォトに画像を保存しており、それをAndroidスマホからChromecastを経由してテレビに映し出して見るようにしています。

これを結構頻繁に使っておりまして、夜中に酒を飲みながら頻繁に二人でチェックしているんですよ。本当に毎週見ているぐらいです。

子供の習い事の発表会とか、そういうイベントがあれば動画も撮影しますし画像も撮影します。そうやって両方がある状態でじゃあどっちを見るのかと言うと、何故か画像の方が出番が多いんですよね。

ではそれはどうしてかと言うと、やはり手軽だからです。

振り返る時はサッと見て終わる事が多い

例えばお遊戯会とかは別ですが、普段の思い出に関しては動画よりも画像でサクッと見て終わる事の方が多いんですよね。

動画でダラダラとどうでも良いようなシーンを撮影したものになると、あまり見る回数は増えません…どうしても時間をとられてしまうので、そこで見る機会が減っていく事になります。

だからビデオカメラも大事ですけど、一番よく見るのは画像になるんですよねー。やっぱり人間手軽さには勝てません。

ビデオカメラは赤ちゃん〜幼児に活躍

ビデオカメラは赤ちゃんから幼児期に大活躍するので、そういう時期には絶対に使った方が良い事は間違いありません。

何故なら赤ちゃんの頃の挙動って読めないので、一番見てて楽しいんです。

今でも赤ちゃんの頃の娘の動きを見て結構みんなで笑ったりしてます。我が家の場合は娘本人も見て「何これww」って大笑いしているので、結構赤ちゃんの頃の動画は凄く重要になる事は間違いありません。

特に言葉を話しだした頃が最高に可愛い

うちの場合は言葉を話しだした頃の動画が最高に可愛いです…もう日本語なのか宇宙語なのかよくわからない状態ですね。人形に「うーたん!こんちわ!」って挨拶してたり、すっごく可愛いです。

だから赤ちゃん時代の子供の動画は撮影しておいて損はないって僕は思います。でも幼稚園より大きくなってからは、習い事の発表会だったりお遊戯会だったり、そういう時ぐらいしか需要がないかも知れません。

僕も最近は子供を連れて遊びに行っても動画よりも画像を撮影する方が多いです。大きくなってくるとそんなもんじゃないですかね?

動きながら撮影する場合はビデオカメラは必須

例えば旅行先で歩きながら動画を撮影したい時なんかはビデオカメラがあると結構良いです。

僕は以前山に登った際に、山頂辺りの様子を撮影するためにビデオカメラを持って歩いたりしてましたが(本当に手で持って撮影してるだけで、ファインダーとか覗いたりもしてませんけど)そういう時はビデオカメラの方が手ブレに強いのでかなり良さ気です。

でも普段の動画に関しては、よほどズームとかを多用しない限りは別にスマートフォンでも十分じゃないかなぁ…ってのが僕の最近の感想です。

でもやっぱり習い事の発表会とか、お遊戯会とかでどうしても外せない時はビデオカメラがある方が便利な気はします(笑)

赤ちゃんの頃に買って保持しておくのがベター

そういう意味では赤ちゃんの頃に買って保持するのがベターだと言えるのではないでしょうか?

正直赤ちゃんの頃に買わなかったらいつ買うの?って感じです。ホントに買うなら赤ちゃんの頃でしょ!

その時期を過ぎたら無駄に買う必要はないかなー?とは思います。やっぱり赤ちゃん期が最も動画を撮影するべき時期になるので、その時期に買って撮影して、大きくなってきたらどうしても外せないイベントの時だけ使う…ぐらいの用途で僕は十分だと思いました。

ちなみに僕が使っているビデオカメラはこれになります。

いや本当にこれは手ブレに強いので動きながらの撮影には重宝しています。

スポンサードリンク

一眼レフカメラも最初からあるぐらいの方が良いかも

使い始めて本当に思うんですけど…綺麗過ぎてヤバイです…本当にカメラでここまで変わるんだなと…。

僕は今回「お試しで」ってつもりで入門機のカメラを購入しましたが、単焦点レンズのクオリティを考えると本当に赤ちゃんの頃からこのクオリティで画像を残しておいたらどれだけ良かったか…って事を痛感しています。

本当に凄く画質が良いので…本当に娘や妻を撮った画像を公開したいぐらいですわ…人間を撮ると美しさの映え具合がヤバイです。娘なんかアイドルみたいに可愛く撮れますよ!(親ばか)

明るいレンズを使うと差がヤバイ

赤ちゃんの頃は特にですけど、室内での撮影が増えてくるなら単焦点レンズを使うのがベターです。単焦点レンズだとF値が低いものも安く買えるので、それで50mmとかじゃなくてもっと短い距離の単焦点レンズを買えたら、凄く綺麗に家族を撮影出来ると思います。

実際に単焦点レンズの50mmを購入して、室内である程度撮影してみたんですけど、やっぱりちょっと距離が遠すぎた感は否めません…(笑)

それでもやっぱり安価な単焦点レンズで明るいものを使用すると本当に「これまで撮影してきたものは一体なんだったんだ?」って思うぐらい明るく綺麗に撮影出来ます。

だから「明るいレンズの凄さ」を試すって意味で、入門機で安い単焦点レンズを買うのは手だと僕は思います。

それぐらい本当に使い勝手が良いです。個人的には本当に気に入ってますし、おかげでもっと撮影が楽しくなりました。

いやまぁどんどんフルサイズのカメラとか欲しくなってきたりしてますけど、そこはもっと先の話で良いはず…(笑)

手軽に振り返れる画像に注力するのがオススメ

個人的な感想に過ぎませんが、僕は手軽に振り返る事が出来る画像に注力する事をオススメしたいです。

旅行先の綺麗な風景や、何気ない家族の日常などを綺麗なままパシャッと切り取れるのが一眼レフの特徴だと僕は思います。

ただ良いレンズになっていくと「肉眼で見るより綺麗じゃないか?」ってレベルに切り取れるので、それもまた素敵な点の一つだと言えそうですね。

個人的にはやっぱり動画より画像派ですね…特に大きくなってからは要所要所で動画を撮影するぐらいで十分だと思います。基本的に日々の思い出は画像で残す方がサクッと振り返れるかなー?って気はします。

ただあくまで個人の感想なので…(笑)

なんか動画って腰を据えて「よし見るか!」って思わないと見る気にならないんですよね。どちらかと言うと画像の方が何も考えずにサクッと見直す気になるんで…動画があっても動画をスルーして画像ばかり見る事が本当に多いです。

だから動画は赤ちゃんの頃だけ注力して、後は画像を綺麗に残す事に注力すれば良いかなー?って最近は思ってます。

スポンサードリンク

-カメラを購入するメリット