一眼レフを初めて使う僕がディズニーランドで色々撮影してみた

  33,448 views 

Web論でも書きましたが、東京ディズニーリゾートに家族旅行してまいりました。実は先日CANONの一眼レフ入門機「EOS Kiss X7」を購入したのもこのためでした。

母ちゃんは腰が弱く、病弱かつ気が弱いので「孫と行く最初で最後のディズニーかも知れない」とか言い出しやがったので「その思い出を綺麗に残してやりたい」と思ったからでした。

ってわけで一眼レフを購入して初の外出がまさかの東京ディズニーランドへの家族旅行と言うちょっとハードルが高いものでしたが、頑張って撮影してきたのでその成果でも紹介したいと思います。

「初めて一眼レフを持って外に出た初心者でもこれぐらい撮れるよ」って指標になれば良いなーと思います。

ちなみに今回の画像の大半がデフォルトのカメラです。ダブルズームレンズキットにセットでついてくるレンズの短い距離の方ですね。

望遠レンズを使ったのは本当にパレードの時のみです。

使っているカメラはこれです。

スポンサードリンク

暗いホテル内のシャンデリア撮ってみた

ホテル内に入った際にちょっと薄暗かったんですが、シャンデリアが綺麗だったので撮影してみました。

ディズニーランドホテル

f/5.6 1/60 48 mm ISO 640

ディズニーランドホテル

f/3.5 1/30 18 mm ISO 320

ディズニーランドホテル

f/16 1/40 24 mm ISO 3200

完全にオートでの撮影

ちなみにこれ、全く何の設定もしていません。フラッシュ禁止モードでそのまま撮っただけでこのクオリティです。

一眼レフってやっぱり凄いなーってこの時に思いました…(笑)

別にド素人が持っても何も問題ないと思います。実際僕もド素人なわけですから。

シンデレラ城を撮影してみた

次に撮影してみたのはシンデレラ城です。いやまぁ実際には他にもめちゃくちゃ撮ってますけど、人が映ってないのがこれぐらいしかなかったので…(笑)

昼間のシンデレラ城

昼間のシンデレラ城

f/10 1/250 18 mm ISO 100

昼間のシンデレラ城

f/9 1/200 18 mmISO 100

まだ明るいのでISO感度も低めで普通に撮影出来ています。もっと全体図を撮った画像もありましたが、沢山人が映り込んでいるので公開はやめておきます(笑)

ライトアップされた夜のシンデレラ城

結構離れているのに望遠レンズでなくてもある程度綺麗に撮れる事がよくわかりました。この時もまだレンズ交換はしていませんでした…ぶっちゃけると遠距離での撮影より、近くにいる家族を撮影する事を優先したからです(笑)

ISO感度は上げないとダメでしたが、それでもある程度の綺麗さは保つ事が出来ている事が数字からもわかります。

夜のシンデレラ城

f/5.6 1/15 55 mm ISO 6400

夜のシンデレラ城

f/3.5 1/30 18 mm ISO 6400

夜のシンデレラ城

f/3.5 1/30 18 mm ISO 4000

これが撮影出来た時点で僕は一眼レフを購入した価値はあったと思いました。よく見ると左下に誰かのスマホが映ってますが…(笑)

夜間撮影の失敗例

ではここから僕の下手くそっぷりをご堪能頂きます。夜間撮影で失敗したらどうなるかよくわかります。

夜のシンデレラ城

f/3.5 1/20 18 mm ISO 6400

ピントもズレて光加減も悪く、タイミングも全部悪かった結果このザマです…(笑)

夜のシンデレラ城

f/3.5 1/30 18 mm ISO 6400

この辺りからはオートで連写しています。

夜のシンデレラ城

f/3.5 1/30 18 mm ISO 125

明暗がハッキリ過ぎてIOS感度が極端に下がってしまっています。その結果明るい所しか見えない残念な写真になりました。

夜のシンデレラ城

f/5.6 1/80 18 mmISO 100

同じく明暗がつきすぎていて炎に全部持っていかれた瞬間です。

ですが連射している間に実は奇跡の一枚を撮る事に成功しているので、それについても紹介したい。

夜間撮影の成功例

夜のシンデレラ城

f/3.5 1/13 18 mmISO 6400

光が地味にマッチした瞬間の一例です。観客がハッキリと見えすぎてしまっているので、個人的にはそこまで成功とは言えませんが、上記の例よりは遥かにマシです。

夜のシンデレラ城

f/3.5 1/20 18 mm ISO 6400

今回のベストショットだと自分でも思ったのがこれです。花火が上がった瞬間と観客も光って見えてピンク色になっているのがなんか綺麗です。

ド素人なのでこの辺りで勘弁してやってください…!(笑)夜間でのイベント撮影はまた勉強してリベンジしたいと思っています。

でも初の一眼レフの初心者でもこれが撮れるんだからやっぱり凄いなーと思いました一眼レフ。コンデジとはやはり性能がまた一段回違います。

レンズや本体にもっと金出したらもっと凄いのが撮れるんでしょうか??まぁその前に慣れないといけないので、それまでは入門機を壊れるまで使いまくろうと思います(笑)

暗い場所での撮影は雰囲気も出しやすかった

ここはシンデレラ城じゃないんですけど、こういうちょっと薄暗い場所では雰囲気が出しやすいなーと感じました。

暗所での撮影

f/5 1/125 37 mm ISO 6400

ちょっと薄暗い方がなんかかっこいい画像が撮れるなーとは思います。あんまり構図も考えてないけど、それでもちょっとカッコよく見えたので…(笑)

スポンサードリンク

花火撮影に三脚はやはり必須

花火も頑張って手持ちで撮影してみたんですが、やっぱり僕の腕ではちょっと無理がありました…(笑)

花火

f/5.6 1/80 52 mm ISO 2000

シャッタースピードをかなり遅くしたり、ちょっと遅くしたりしてコントロールしようとしたんですが、これでもまだ全然ダメでもっと遅くしないとダメです。

遅くすれば放物線が完成するはず…徐々に「シャッタースピード優先モード」でシャッタースピードを下げてチャレンジしてみました。

花火

f/6.3 3.2 秒 55 mm ISO 200

まさかの3.2秒で頑張った結果ですが、当然ながら手持ちなのでこれだけブレてしまいました…三脚ないと…やっぱ無理です…(笑)

ディズニーなので人混みが凄すぎてどこかにカメラを置いたり、体を固定する事も出来ませんでした。身動きが撮れない状況なので…うーん三脚欲しい…(笑)

ってわけで、花火を撮影しようと思うとシャッタースピードを遅くしないといけない→固定する場所がないとやはり無理。という事がよくわかりました、勉強になりましたね…(笑)

望遠レンズはやはり心強い

ダブルズームキットに付属している望遠レンズですが、50mm~250mmぐらいでも十分な破壊力でした。

昼間にパレードをしている時に列に並んでいたんですが、そこから望遠レンズで撮影した画像をちょびっと紹介します。

パレードの様子

f/5.6 1/320 250 mm ISO 640

パレードの様子

f/5.6 1/320 250 mm ISO 320

パレードの様子

f/6.3 1/320 250 mm ISO 500

これだけの画像をアトラクションの待機列から撮影出来るのは凄いなーと個人的には思いました。しかもこれ、列が止まった瞬間を狙ってサクッと撮影してこのクオリティですからね。

やっぱり一眼レフって凄いなーと思ってばかりです今回…(笑)

明るい場所は撮影しやすい

改めて思いましたが、外で明るいと単純にシャッタースピードを上げられるので非常に撮影しやすくなります。

明るければ明るいほど写真は撮影しやすい。特に動いている人を撮影しやすいって事が今回よくわかりました。

ちょっと暗い所に行くと結構ブレてしまいますが、明るい場所では全くそういうのはありませんでした。

明るい外で撮影する際にはド素人がオートで撮影してて何の問題もないと思います。ただ突然ストロボが光ると洒落にならんので、ストロボ禁止モードで撮影する事をオススメします(笑)

暗い場所では技術が必要になる

暗い場所での撮影には多少なりとも技術が必要になると思います。特に手ブレや被写体ブレを防ぐための技術ですね。

被写体が動いててもブレてしまいますし、自分の手がブレてもブレてしまいます。だから撮影する際に多少慎重になる必要があります。

ですが子供に「動くな!」と言っても無理があるので…(笑)こればっかりは仕方ないですね…。

ただし静止して撮れると超綺麗

他にも暗い場所で撮影した画像は沢山ありますが、光がハッキリして非常に綺麗に撮影する事が出来ます。カメラをしっかり固定して静止して撮影する事さえ出来れば非常に綺麗な画像が撮れます。

撮りやすいのは明るい場所ですが、綺麗な画像と言う意味では断然暗い場所だと僕は思いました。

もっと明るいレンズを購入したら暗い場所での撮影がもっと楽しくなるんだろうな~って事を今回痛感しました…明るいレンズ欲しいですママン…。

何にせよ良い経験になりました…!そしてやっぱりカメラは楽しいですね…もっと沢山家族サービスして、家族写真を残しつつカメラの勉強と練習もしたいです!(笑)

スポンサードリンク

-Canon EOS Kiss X7