Canon EOS 5D Mark Ⅲをカメラ初心者が買って使ってみた感想…高くて重いがやっぱフルサイズは最高

投稿日:2017年11月4日 更新日:

Canon EOS Kiss X7を購入してから1年ぐらいが経過して、とうとうフルサイズを購入してしまいました。

今回はCanon EOS 5D Mark Ⅲを購入しました。

コンデジから一眼レフであるKiss 7Xに乗り換えた時にも感じたんですが、やっぱりある程度お金を出す方が良い写真が撮れて楽しいな!って心から思いました。

カメラについて詳しく知らない僕ですら「やっぱ性能良いとド素人でも綺麗に撮れるなー」って感動しました。

キレイな画像を撮れるなら多少のお金を出しても良いと思っている人にはホントにオススメです。

スポンサードリンク

5D Mk3で微妙だった点

もうこればっかりはどうしようもないんですが「重い」です(笑)

重さはKiss 7Xが370gに対して5DMk3だと860gですから、倍以上ありますからね。

更にフルサイズ用のレンズもそれなりに高くて良い物を購入してしまったので、これまた重いんですわ…(笑)

だから首にストラップかけて持ち歩いているとかなり重い、首だけに負担をかけるのはキツイので常に手に持って歩くぐらいになりましたね。

またホントに「しばらく使わないな」と思ったらすぐにリュックに入れるようになりました。僕は多少重くても良いようにリュックを使っています。

もっと小さくてかっこいいのもあるかも知れませんが、レンズを適当に全部入れて持ち歩いているので、これぐらいの「色々入る」物の方が僕は楽です…(笑)

これにしておいてよかったなーと思うぐらい、やっぱりフルサイズの本体は重いです…ある程度ゴツいカバンは必須ですね。

当然ながらでかい

言うまでもなくサイズもAPS-Cに比べるとフルサイズの方が大きくなります。

だから持ち運びという点ではデメリットが非常に大きいです。これはもうフルサイズの時点でどうしようもない問題になります。

D5Mk3
APS-Cとフルサイズを横に並べてみると一回りは違う。

D5Mk3
正面から見ると更に際立ちます。

ただ個人的には、だからこそ若いうちにしかこれは持つ事が出来ないと思ったんです。

僕は既に34歳なので、40歳を超えてからそんなクソ重いカメラを持ち歩いて旅行できるか疑問でした。

だからこそ、重くて大きいからこそ若いうちに買って試しておこうと思って今回購入に踏み切りまして、そして個人的には全く後悔せず、このデメリットですら「それでも綺麗に撮れるから良いや!」と割り切れるレベルです。

室内では動く物体を綺麗に撮るのは厳しい

あくまで普通の明るさだと…という限定的な話になります。

このクラスのカメラでF1.8クラスのレンズだとしても、普通の明るさの室内では動き回る猫を綺麗に撮るのは難しかったです。

当然ながらF1.8ぐらいで撮影しようと思うと高速で動き回る猫を捉えるだけでも大変なので、どうしてもピントがズレます。

じゃあF5ぐらいにすれば良いかと言えば、それだと暗くなるのでシャッタースピードをあまり上げられません。

結局ある程度の明るさが必要になるので、照明をしっかり当てるなどの工夫が必要なんだなぁ…と痛感しました。

フルサイズなら普段の明るさでも綺麗に撮れるかなーって期待したんですが、そこまで人生甘くありませんでした(笑)

これ上手い人ならもっと上手くやれるんでしょうけど…ド素人な僕はまだわかっていません、泣きたい。

ハムさん

f/2.8 1/400 59mm ISO 1250

走っている最中のハム(うちの猫です)さんです。これぐらいの明るさになってしまいました。もちろん何かしらの画像編集ソフトで明るさをイジればそれで済む話しではありますが…。

ハムさん
とまぁこのように明るさは事後でも調整出来るので、まぁ良いかなと…(笑)

5D Mark3で良いと思った点

僕は初心者なので専門的な事はさーっぱりわかりません。

大雑把に初心者にもわかりやすいスペックを並べるとこうなります。

連射速度6コマ/秒
フォーカス61点(クロス測距点:最大41点)
ISO感度100-25600(102400までの拡大が可能)
有効画素数2230万画素

という感じになっています。

走り出した子供をいきなり撮っても大丈夫

子供が友達を遊んでいる所を撮影していたんですが、もちろんピントを常に合わせる設定にしていたのもありますけど、唐突に走り出した子供を急いで連写で撮ってみても、案外綺麗に撮れていました。

ただこれはあくまで屋外に限ります。またある程度明るい時間帯ですね。

それならある程度動いていても、慣れていてばそこそこ綺麗に撮れると思います。子供にだけピントを合わせて後ろの背景は綺麗にボカした画像も撮れました。

ボケが半端なく綺麗

フルサイズのカメラで撮影するとやはりボケが半端なく綺麗でした。

奥に光っている光も綺麗に○状にボケてくれたりするので、人物を撮影する時とか最高です。娘を撮る時に凄く綺麗に撮れてパパは感動しました。

普通にF値なんか気にせずにガンガンボケ味を出す事が出来るので、初心者としては本当に嬉しいです。それが欲しくて一眼レフを使っているようなものなので…(笑)

マロ

f/2.8 1/50 50mm ISO 200

適当にAUTOで撮ってもこれぐらいにボケます、背後がほとんどどうなっているかわからないレベルですよね。実際僕も「これどこで撮ったんだ??」ってわからんです…(笑)

ひたすら画像が綺麗

これもまた初心者ならではの意見ですが、単純に「うお、綺麗!」と言葉が出ます(笑)

ブログに載せる画像は常に圧縮してあるので画質が落ちてます。サイズも本来は4000以上で撮っている所を1600ぐらいに縮めて表示しています。だから実際にはもっと綺麗です、これ。

うちの猫をベランダで撮影した画像なんかでもすっごく綺麗に映りまして、そこに勝手にGoogleフォトが装飾つけて色を変えてくれたんですけど、感動するぐらい綺麗な画像ができあがりましたから。ただこれ、場所が特定できちゃうので載せれないんですけどね…一番綺麗に撮れたのに…(笑)

画質が綺麗なのはやはり嬉しいです。Kiss X7を最初に買った時も感動したもんですが、いくら初心者とは言えずっと使ってると流石にフルサイズとAPS-Cの差に気付いてきてしまいました…。

夜景を撮りやすい

家族で夕方に散歩に行った際に手持ちで行ったんですけど、本当に多少暗くなってきてもちょっとシャッタースピードを遅くすれば十分明るく撮れました。

正直実際に撮ってる本人がちょっと引いたレベルです。

またちょっとした夜景も手持ちでも撮れるレベルでした。もちろん完全に綺麗に撮るなら三脚を使ったり、どこかに置いて撮影するのが一番ですけどね。

夜景

f/10 25秒 50 mm ISO 6400

適当にそこらに置いて星を撮ってみただけの画像、これぐらいはそこらに置いて撮影しても撮れるレベルです。

ちなみにこれらは全部単焦点レンズで撮ってます。

スポンサードリンク

初心者でも綺麗に撮ろうと思ったら買った方が良い

2017年11月現在だと、このEOS 5D Mark Ⅲは約20万円前後で買う事が出来るカメラになっています。(価格は結構変動しているので時と場合によります、僕は23万円で買ってます)

これを安いと思うか高いと思うか…個人的には「子供を持っている親なら安いだろう」って感じです。

綺麗に思い出を残したい人はこれぐらいもあり

ぶっちゃけると「そこまでカメラ使わない」「一ヶ月に一度ぐらいしか使わない」「大して画像好きじゃない」って人はここまでの物を買うことはないかなと。

それならワンランク下げてAPS-Cのカメラを買うべき、Cannonのエントリーモデルでめちゃ軽くて使いやすくてそこそこ安いのがあるので、こっちが良いかと。

まさに僕もこれから一眼レフに入って「一眼レフやっぱ良いわぁ…」と感じたからこそ、今回は5D MarkⅢにまで手を出した事になるんです。

僕は徹底して綺麗に画像を残したい派です。だからある程度は良いカメラを使いたいと思ったんです。

娘や妻の今の姿は二度と見れないからです。

妻は徐々に老化しますし、娘はどんどん大きくなっていきます。もう赤ちゃんの頃は当時のiPhoneとかのショボい画像しか残ってない。それが悲しいので僕は一眼レフで撮影するようにしたんです。

どれだけ重かろうと、高かろうと少しでも綺麗に「今を切り取っておきたい」と思ったんです。これは親父が死んだ時に親父の画像が少なかったのが寂しかったから…ってのが大きな理由ですかね…。

高くて重いがそれ以上に綺麗に残せるのが凄く良い

確かにD5Mk3は高いです、レンズまで含めたら僕は50万円ぐらい使ってます、笑えます。

ですがそれだけの金額を支払っているだけあって、簡単に綺麗な画像が撮れます。特に人を撮ると凄く綺麗に撮れるんです。

確かに高い、そして重い、でもこれだけ綺麗に撮れるなら別に良いよなーって本気で思います。

ってわけで、言うまでもなく「重さや値段より、画像の質にこだわる人にはガチでオススメ」って感じです。

多少大きくても良い、高くても良い、重くても良い、それよりも家族や風景を綺麗に切り取りたい…そんな人には心からフルサイズの一眼レフカメラをオススメします。

確かにそこそこ金額は使ってしまいましたが、それでも僕は全く後悔してません。これまで以上に「出かけてたくさん画像を撮りたい」って思ってるので、家族にとっても良い事だと思ってます(笑)

関連記事

関連記事はありませんでした

Copyright© 一眼レフ初心者向け入門ブログ カメラ論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.