カメラの種類と特徴まとめ…好きなら初心者でも一眼買って良いと思う

2017/02/14  19,240 views 

コンデジと一眼レフ

カメラの種類についてですが皆さんご存知でしょうか?ちなみに僕も最近までわかっていませんでした。

「カメラ」単体で言えば実は大きく分けて3種類になります。ただ画像を撮影する用途を考えると、スマートフォンやタブレットも含めて良いのかも知れません…その場合は4種類って事になりますね。

ただ個人的にはスマートフォンは否定派です。何故なら専用機じゃないので…(笑)

でも一応スマートフォンも含めて今回は紹介したいと思います。最も誰もが持っているものなので…。

スポンサードリンク

スマホ/タブレットのカメラ

スマートフォンやタブレットのカメラの性能はかなり高くなっています。最新機種になると画素数が高いのも当然ですがF値も設定出来るものまであるみたいで、先日CMで見て「これ凄くね?」ってビックリしました。

それぐらいもうスマートフォンのカメラの性能は上がっています。それでも僕はスマホでのカメラ撮影は最低限に留める事をオススメします。

理由は簡単で電池の持ちが悪いからです。スマホは他にも連絡手段にも使うし、困った時の検索にも地図にも使います。旅行やお出かけの時は特に出番が多いものですよね。

だからカメラで使いまくって電池がなくなるのは個人的には良い事だと思わないのです…(笑)

メリットとデメリット

スマホ/タブレットカメラのメリット

  • 持ち運びが容易で荷物を減らせる
  • コンパクトなので取り出しやすい
  • SNSへの投稿が容易
  • クラウドストレージへの同期も容易
  • みんな大好き「自撮り(セルフィー)」が出来る

デメリット

  • 沢山撮るとスマホのバッテリーがすぐ切れる
  • あくまで汎用機なので性能が本家カメラに劣る
  • 細かい設定が足りない、アプリで補完も可能だが不具合も出る
  • 三脚などの固定するアクセサリーが無い
  • 望遠撮影が苦手なので遠い被写体を撮影出来ない
  • 暗い場所での撮影に向かない

動いている子供を撮りづらい

スマホで何度も子供を撮影してきました。それは動画でも画像でも同じなんですが、めちゃくちゃやりづらいです…(笑)

特にズームが出来ないのが痛い、出来たとしても画質が劣化するんです。光学式ズームではなくデジタルズームなので極端に画質が劣化します。

また動いている子供を追いかける時にスマートフォンだとかなり難しいです。スマホ自体がカメラ用途がメインではなので、持ちやすい形にはなってませんしね…。

友人と遊ぶ程度ならスマホで十分

特に僕は子供を綺麗に残したくて撮影するのが大半なので、そのメイン用途で不具合がある時点でスマホカメラは否定派なのです…友人とセルフィーを撮るぐらいだったら全然良いのかも知れませんね。

ただ僕はノリが悪いのでセルフィーとかしない派なので…(笑)

友人と遊びに行く、食べ物を撮影する~ぐらいの用途ならスマホで十分です。ただ夜景を撮影したかったり、旅行先の綺麗な景色を思い出として残したい場合は不向きだと思います。

僕は後者の用途がメインなので、スマホカメラでは不満を持ってしまいます。

もちろんカメラが手元にない時、さっと出せない時などはスマホのカメラを使う事もあります。

ただあくまでサブ機としてしか考えていませんね。

コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)

一般的に「デジカメ」と言われているものです。小さくコンパクトなデジタルカメラなのでコンパクトデジタルカメラ、カメラ好きには通称コンデジと言われています。

コンデジは読んで字の如くライトユーザー…要するに初心者にも使いやすくなっており、価格も安く手を出しやすいのが特徴です。

カメラに興味を持ったらまずはコンデジから入るのがこれまでの定番でした。僕自身もコンデジから入っています。

スマホカメラより遥かに性能は良いんですが、今考えるとこれに手を出すなら最初から一眼レフかミラーレス一眼に手を出した方が良かったかなー?って気もしています。

スマホでの撮影が楽しくて、出かけたら数百枚も撮っちゃうような人はコンデジを通りこして一眼レフやミラーレス一眼を検討すると良いと思います。

メリットとデメリット

コンデジのメリット

  • 小さくて持ち運びしやすい
  • 価格が1~3万円程度で手を出しやすい
  • 基本的に初心者向けなので扱いやすい(その代わりAUTOだとスマホとの違いがわかりづらいかも)
  • 望遠撮影も簡単で、驚くほどズームが可能

デメリット

  • 暗い場所での撮影に不向き
  • ボケを創りだすのが難しい(一眼が欲しくなる最大の理由)
  • 一眼レフに比べるとやはり画質が劣る

立ち位置が中途半端

コンデジは持ち運びがしやすく安いので、気軽に購入して使う事が出来ます。

カメラについてあまり詳しくなくても購入しやすいですし、小さいくせに結構良い画像が撮れたりします。

ですがある程度撮影に慣れてくると「中途半端だな」と感じる事になると思います。

どうしても木や花をもっと綺麗に撮りたかったり、ボケを活かしたいと思っても、そういう表現が出来ません。

僕自身がそこで「もっと良いカメラが欲しい」と、徐々にカメラの沼にハマってしまっているわけなんですが、好きになればなるほど中途半端に感じてしまうのが最大のデメリットです。

最も初心者向けで扱いやすいのも事実

細かい事を気にせず「ある程度綺麗に撮れるならそれで良い」って人にとってはベストな選択肢になると思います。

スマホと区別する事でお互いにデータ容量もバッテリーも圧迫せず持ち歩けます。

またベルトに固定するようなカメラケースを持っているといつでもさっと取り出してさっとしまえるので僕は重宝してます。

子どもと公園に行ったり山を登った時もずっとそのスタイルでした。そのスタイルでも大体一度出かけると数百枚の画像を撮影する感じ。

僕はまだまだカメラ初心者でヘタクソですが、それでも本当に初めて操作していた時期に凄くお世話になりました。

コンデジを使ってて「もっと綺麗に撮りたい」「ボカしたい」「色々な表現をしたい」って欲が出てきたら次のステップに行く…のも手だとは思います。

でもその道を通った僕としては「最初から一眼で良いじゃん」って今は思います…それだけ好きならどっちにしろ欲しくなるので…最初から買っちゃった方が早いです。

スポンサードリンク

デジタル一眼レフカメラ

もはやデジタル一眼レフカメラばかりなので、もうフィルムどうこうは省いてデジタル一眼レフとして紹介します。

略して「デジイチ」「一眼(いちがん)」とも言われるものです。

僕の中ではカメラの王様です。カメラを交換出来て色々なシーンに対応する事が可能な本格派です。

でもやはり大きくて重いのが最大のデメリット。

しかし撮れる写真はコンデジとは比べ物になりません。

メリットとデメリット

一眼レフのメリット

  • レンズ交換で多彩なシーンに対応
  • 購入したレンズはサイズ等が合えばカメラを買い換えても代用可
  • 画質が比べ物にならないぐらい綺麗
  • ファインダーを見ながら撮影が可能でバッテリーも長持ちする
  • ピントを合わせた場所とそれ以外のボケ具合が非常に美しく簡単に表現可能

一眼レフのデメリット

  • デカ過ぎて邪魔
  • 重いので持ち運びも大変、レンズや三脚などのアクセサリーがあると更に大変
  • 価格が高すぎる、高級機になると更にヤバイ
  • ホコリや傷に敏感なので取り扱いに注意が必要

カメラの本当の楽しさを味わえる

綺麗な景色の画像とかを見るのが好きな人にとっては「これこそが本当のカメラだ!」と言いたくなるぐらい、実際に使うと楽しいです。

僕は自宅で猫や家族の何気ないシーンを撮影するのが好きで、それだけで一度に数百枚撮影するぐらいです…色々と構図を変えたり、設定変えたりして楽しんでます(笑)

特にボケ具合を調整するのが凄く楽しい…これをずっとやってみたかったので、購入直後の現在は本当に撮りまくってます…飽きたらボケを利用した写真を減らすんでしょうけど…(笑)

明るさとかも全く違うので、一度使うと本当にハマります…少なくとも質にこだわりたい人にとっては「これが本物のカメラなんだな…!」と驚く事でしょう。

だって僕達が普段見ているプロが撮影した画像って大半が一眼レフの…しかも上級機で撮ったものなわけですから…。

お金が必要になる点が最大のデメリット

本体がある程度高い上に、レンズも買おうと思うとガンガンお金を消費します…お金がある人は良いんですが、あまり持ってないと辛いです。

このお金が必要になる点が一眼レフの最大のデメリットと言う事になりますよね。

持ち運びが大変

そしてもう一つのデメリットが持ち運びが大変である事です…一眼レフを持っている時点で全力ダッシュなんかはほぼ不可能だと思った方が良い。

激しい運動をする時に持ち運ぶのは無理がありますし、普段でも一眼レフを持って行く時点で「自分は撮影係」って認識でいた方が良いでしょう。

僕自身はそれで良いと思っている派なので別に気にしません。家族で出掛けても妻と娘が楽しんでくれれば良いと思ってるから良いんですが…。

一緒になって遊びたい!って思うと一眼レフはちょっと邪魔になるのかも知れませんね…。

でも画質とかにこだわるとやっぱりこれが最強なので…移動しやすさを撮るか、質を取るか難しい所です。

ミラーレス一眼カメラ

ミラーレス一眼カメラは読んで字のごとく鏡がないカメラです。

一眼レフではレンズを通した後に中にある反射鏡を使ってファインダーに映しだしています。

この反射鏡がなく、コンパクトなサイズに抑えたのがミラーレス一眼です。

コンデジ同様に液晶画面モニターで撮影する形となるわけです。一眼レフとの大きな違いはこれですね。

僕が相談したカメラ好きのイケメン曰く「今後はミラーレスがメインになるんじゃないかとは言われています」との事です。

実はミラーレス一眼は持った事がないので使用感については伝える事が出来ません…。

メリットとデメリット

ミラーレス一眼のメリット

  • レンズ交換が可能なので多彩に撮影可能
  • 一眼レフに比べるとコンパクトなので持ち運びしやすい

ミラーレス一眼のデメリット

  • 一眼よりはレンズの種類が少ない
  • 画質は一眼には劣る
  • ファインダーがない

コンデジと一眼の中間のような立ち位置

今後はミラーレス一眼が主流になる…って主張は結構見かけます。

でも調べるとやっぱりライトユーザー向けのコンデジ、それよりもうちょっとこだわりたいミラーレス一眼、本格派の一眼レフ…って立ち位置で良いんじゃないかなと思いました。

だからコンデジだと満足出来ない…でも一眼レフは大きすぎて嫌だ!って人向けなんでしょうねこれは。

そういう意味では「女性向け」として考えるのは有りかも知れません。

実際最軽量・最小の一眼レフ…って言われているEOS Kiss x7を持った僕の妻の感想が「重い…」でしたから…(笑)

そういう意味で女性は一度試した方が良いのかも知れませんね!持った事ないからあんまり偉そうな事は言えませんが…(笑)

僕は一眼とコンデジの二刀流が好き

僕の場合はやはりコンデジと一眼レフの二刀流の方が「白黒はっきりしてて良い」と思ってしまいます(笑)

動きやすく荷物を少なめにしたい時はコンデジ、動きが鈍くなっても綺麗に画像が撮りたい時は一眼レフを持ち歩くぐらいで良いかなー?と。

大きな公園で遊具に沢山載るならコンデジの方が良いでしょうし、ただ景色を楽しむ場なら一眼レフの方が絶対に良いでしょう。

そうやって使い分ける事が出来るって意味では僕はコンデジと一眼レフを持ってるのは有りかなー?って思いました。

でもやっぱり一眼レフを使ってからコンデジを使うと…その画質の悪さにちょっと引くんですよね…(笑)

一眼とスマホの二刀流が最もベターかも

改めて考えるとサブ機って意味では別に一眼レフとスマホで十分なのかなぁ…。

さっと撮りたい時はスマホで撮影して、しっかり撮る時は一眼レフ…って感じで両方を持っておくと良いんでしょうね。

コンデジを持ってる人はそりゃコンデジがあった方が良いと思いますが、持ってない場合はサブ機としてスマホで十分かなーと思いました。

最初に買うべきカメラは?

最初に買うカメラとしてはコンデジが最もベターですが「5万円ぐらいなら試しに出しても良い」って思える人は、一眼レフの入門機にいきなり手を出して良いと思います。

僕の場合はこれぐらいの思考でしたが、最初から一眼を買うべきだったと後悔しています。

  • 昔から風景画像とかを見るのが好きだった
  • 意図的にボケを入れた画像などが昔から好き
  • 写真が昔から好きだった

こういう最初から「ハマる素養」がある人はいきなり一眼でも良いと思います。コンデジ買ってもなんか満足いかずにどんどん欲が深まる可能性が高いので…(笑)

僕は初心者でもカメラや画像が好きなら、いきなり一眼レフ買って良いと思ってます。

だって使わないと技術なんてどうせ上がらないんだし、最初から持ってた方が話が早いですよ。

元々沢山画像を撮る人は買って良いんじゃないかなぁ…。

ちなみに僕が購入した一眼レフはこちらです。

コンデジでも数万円は必要

結局コンデジを購入しても数万円は必要です…僕が持っている「PowerShot SX710 HS」も今でもAmazonで約2.5万円なので…。

もうちょっと頑張ったら一眼レフ買えるじゃん!と思うわけです(笑)

それでも一眼レフを面倒だと思うなら、ちょっと高めのを購入すればそれで良いのかなぁ…とは思います。

どれを選ぶか本人の趣向次第なので、そこは自分がベストだと思うものを選ぶしかないですね!

僕は画質こだわる派なので一眼レフが一番好きです…今のところはね…(笑)

スポンサードリンク

-カメラの基本